本文へ移動

給食・お弁当について

当園の給食について

当園では、全園児完全給食のため、ご飯を持ってくる必要はありません。週に約2回お魚を提供し、おやつには毎日小魚を提供しています。魚特有の生臭さは下処理を行い、下味を30分漬けることによって軽減できます。
玄関ホールに給食とおやつ展示を行い、月替わりで月齢毎に展示しておりますので、量や大きさ等ご参考になさって下さい。また、給食だけでなく、おやつも手作りにこだわっています。子供達に喜んでもらえるような給食を、保護者の方に安心して頂けるような給食を心掛け、一品一品心を込めて作っています。
毎週第2土曜日・第4水曜日の月2回はお弁当の日です。(行事や予定により、変更がある場合がございます)
 
 
給食は栄養士の指示のもと、給食室にて手作りしています。
0才児のお子さんへは、ミルク・離乳食を月齢や個人差、体調に合わせ進めていきます。
アレルギー等で配慮が必要と診断されている場合は園へご相談ください。医師の指示に従い、調理担当者とともに配慮していきます。※医師の診断書のご提示をお願いします。

給食室

乳幼児期は子どもの心と体が大きく成長する時期です。

当園は栄養士が作成した献立を基に給食を実施しています。旬の野菜・くだもの・魚を取り入れた季節感あふれる手づくりの給食です。

保護者講師によるお弁当クッキング

保護者講師によるお弁当クッキングを年2回開催しています。

料理の得意不得意に関わらず、教えあいながら和気あいあいと楽しくクッキングをしています。
保護者主体となり、試行錯誤しながらメニューを考えています。
第一は子供たちに喜んでもらうこと!!
第二は簡単且つ時間がかっからないこと!!
そして、おいしいこと!!
興味のある方は是非是非ご参加ください!!お父さんの参加もお待ちしております♪
 
第二回は「秋だな~はらぺこあおむしおなかいっぱい弁当みーつけた!!」と題して、はらぺこあおむしの絵本の世界観を表現しました。
ハムとチーズでぺろぺろキャンディー、きゅうりとハムでスイカ等を作りました。簡単なうえに、時間もかからないので是非お試しあれ♪
☆はらぺこあおむし
☆フラワーエッグ
☆ぺろぺろキャンディー
☆スイカ
☆八幡巻き
 

今日の給食

4月24日(水)
今年度は4月に未満児会食会を開催しました。看護師から離乳食、幼児食の食べさせ方や口腔内のお話、栄養士からは清涼飲料水、水分補給についてのお話をしました。どちらも0.1歳児が重要となりますが、何より食べるということは生きていくことです。食事を好きになり、楽しく食事できる環境を作っていきましょう!!
5月7日(火)
いよいよ”令和”がスタートしました!!楽しかったGWも終わり、子供たちは沢山美味しい物を食べてきたと思うので、残食が多いかな…と思っていましたが、ほとんどの子が残食なく食べてくれことに一安心しました。新たに始まった令和時代も美味しい給食を提供します!!
5月7日(火)
岩手の郷土料理”がんづき”。今回は黒糖を入れ、黒糖がんづきに。さ・ら・に今回はあんこも入れました!!ふわふわのがんづきに挟まれたあんこ。最高ですね♪
5月8(水)
新メニュー”豚肉の厚揚げ巻き”。厚揚げを豚肉で巻いて下味、小麦粉を振って焼き、甘辛だれをかけるだけのシンプルなメニューです。子供たちは厚揚げのパサパサした食感が苦手なようで進まない子もいました。ご家庭では厚揚げ食べませんか?
 
給食05
5月9日(木)
合挽き肉、長ネギ、パン粉(牛乳で浸す)、しょうゆ、酒、ごま、ごま油、片栗粉入れ、よくこねてハンバーグのように成型し、両面に青じそをつけ焼くと、韓国風のし焼きの完成です。大人はコチュジャン等の唐辛子を入れるとピリッとしてさらに美味しく頂けると思います。

献立表

※PDFファイルの閲覧には、 Adobe Reader のインストールが必要です。
詳しくはAdobe Reader のダウンロードページ(外部リンク)をご覧ください。
0
0
0
8
8
0
8
わんぱく学童クラブ
TOPへ戻る