本文へ移動

給食・お弁当について

当園の給食について

当園では、全園児完全給食のため、ご飯を持ってくる必要はありません。様々なお魚を提供し、特に青魚を多く取り入れています。また、おやつには毎日小魚を提供しています。魚特有の生臭さは下処理を行い、下味を30分漬けることによって軽減できます。
玄関ホールに給食とおやつ展示を行い、月替わりで月齢毎に展示しておりますので、量や大きさ等ご参考になさって下さい。また、給食だけでなく、おやつも手作りにこだわっています。子供達に喜んでもらえるような給食を、保護者の方に安心して頂けるような給食を心掛け、一品一品心を込めて作っています。
毎週第2土曜日・第4水曜日の月2回はお弁当の日です。(行事や予定により、変更がある場合がございます)
 
 
給食は栄養士の指示のもと、給食室にて手作りしています。
0才児のお子さんへは、ミルク・離乳食を月齢や個人差、体調に合わせ進めていきます。
アレルギー等で配慮が必要と診断されている場合は園へご相談ください。医師の指示に従い、調理担当者とともに配慮していきます。※医師の診断書のご提示をお願いします。

給食室

乳幼児期は子どもの心と体が大きく成長する時期です。

当園は栄養士が作成した献立を基に給食、おやつ提供を行っております。旬の食材を沢山使用し、野菜・くだもの・魚を取り入れた季節感あふれる手づくりの給食です。

☆栄養士のワンポイントアドバイス☆

生クリームを使いたいけど、泡立てるのが面倒…

そんな時は、ポッカレモンを少量加える又はいちごジャムを少量入れると、油と酸が反応して固まるのを早めてくれます。泡立てる機会があった時には、是非お試しあれ♪
料理を作るのはいいけど、味が決まらない…

そんな時は…。味に締まりがないなと感じたら、塩をほんの少しだけ入れると味が引き締まります。決め手は塩‼ですね。また、味をつける時に一度に多めの調味料を入れていませんか?味付けは3回で行うのが基本です。1回目は様子を見ながら入れましょう。2回目は味を調節しましょう。3回目で味を整えましょう。何度も味見をしているとわからなくなりますよね…。そうすると、段々舌もわからなくなり、味が濃くなる傾向にありますので、ご注意を。
 

今年度のお弁当クッキングはコロナウイルス感染予防のため、中止となりました。来年度は是非ご参加下さい。

保護者講師によるお弁当クッキングを年2回開催しています。

料理の得意不得意に関わらず、教えあいながら和気あいあいと楽しくクッキングをしています。
保護者主体となり、試行錯誤しながらメニューを考えています。
第一は子供たちに喜んでもらうこと!!
第二は簡単且つ時間がかからないこと!!
そして、おいしいこと!!
興味のある方は是非是非ご参加ください!!お父さんの参加もお待ちしております♪
 
令和第2回目は、「きのこのおやま弁当!!」と題して、子供達に秋の食材を使用し、見た目も秋らしいお弁当を作りました♪
 
☆おにぎらず(鶏てりたまマヨ、オムライス風)
☆きのこ(さといも又は魚肉ソーセージ、ミニトマト、チーズ)
☆どんぐり(さといも又はキウイ、黒ゴマ)
☆りんご(かにかま、薄焼き卵)
まなび学園の庭から子供たちに紅葉を拾ってきてもらい、綺麗に洗って飾り付けました‼
 
 
 
 

今日の給食&おやつ

2月22日(月)
旬の野菜、春菊。くせがあって、子供達が食べたがらないという子も多いのではないでしょうか。今回はそんな春菊を使ったふりかけ。園長考案です!春菊は食感が残る程度に茹で、乾煎り。フライパンに油をひき、みじん切りにしたにんにくを炒め、ちりめんじゃこと春菊を焦げないように弱火で炒める。しっかり炒め、カラカラになったら、白ごま、鰹節を炒め、塩で味付けし、完成です。
2月24日(水)
毎年恒例の豆つかみ大会を行いました。箸を上手に使うと、豆が沢山取れるというわけではありません。比例しないのが本当に不思議です。初めは大豆で練習し、徐々に小豆に移行していくのですが小豆になると、ビックリする位難しくなります。大人でもつまむのが大変です。子供達は1分間に、個人差はありますが、多い子で15~25個つまみます。約4秒に1個つまむことになります。結構大変なんです…。機会があったら是非やってみてください。

2月24日(水)
いつもの野菜スティックに、今回はごぼうをプラス!またいつもとは違った味わいになり、美味しいのでおすすめです。
2月25日(木)
子供達のリクエストが多い、簡単ハンバーガー。給食で提供した時は照り焼きチキン。今回は本物のハンバーガーに近付けるためにパテをイメージして、薄いハンバーグを挟みました。手に入る食材で作った簡単に作れるハンバーガー。某ファストフード店に行くより、おすすめです!

2月26日(金)
豚肉とリンゴの相性は抜群で、焼くと固くなってしまう豚肉のたんぱく質をリンゴの酵素が分解。甘さをプラスするだけでなく、うまみもアップします。今回は豚肉の中にさつま芋とリンゴを一緒に巻き、玉ねぎとリンゴのすりおろしたたれに漬け込んで、焼きました。柔らかくなり、更においしくなります。余ったリンゴの大量消費にもおすすめです。
※PDFファイルの閲覧には、 Adobe Reader のインストールが必要です。
詳しくはAdobe Reader のダウンロードページ(外部リンク)をご覧ください。
0
0
1
9
6
4
7
わんぱく学童クラブ
TOPへ戻る