本文へ移動

給食・お弁当について

当園の給食について

当園では、全園児完全給食のため、ご飯を持ってくる必要はありません。様々なお魚を提供し、特に青魚を多く取り入れています。また、おやつには毎日小魚を提供しています。魚特有の生臭さは下処理を行い、下味を30分漬けることによって軽減できます。
玄関ホールに給食とおやつ展示を行い、月替わりで月齢毎に展示しておりますので、量や大きさ等ご参考になさって下さい。また、給食だけでなく、おやつも手作りにこだわっています。子供達に喜んでもらえるような給食を、保護者の方に安心して頂けるような給食を心掛け、一品一品心を込めて作っています。
毎週第2土曜日・第4水曜日の月2回はお弁当の日です。(行事や予定により、変更がある場合がございます)
 
 
給食は栄養士の指示のもと、給食室にて手作りしています。
0才児のお子さんへは、ミルク・離乳食を月齢や個人差、体調に合わせ進めていきます。
アレルギー等で配慮が必要と診断されている場合は園へご相談ください。医師の指示に従い、調理担当者とともに配慮していきます。※医師の診断書のご提示をお願いします。

給食室

乳幼児期は子どもの心と体が大きく成長する時期です。

当園は栄養士が作成した献立を基に給食、おやつ提供を行っております。旬の食材を沢山使用し、野菜・くだもの・魚を取り入れた季節感あふれる手づくりの給食です。

☆栄養士のワンポイントアドバイス☆

生クリームを使いたいけど、泡立てるのが面倒…

そんな時は、ポッカレモンを少量加える又はいちごジャムを少量入れると、油と酸が反応して固まるのを早めてくれます。泡立てる機会があった時には、是非お試しあれ♪
料理を作るのはいいけど、味が決まらない…

そんな時は…。味に締まりがないなと感じたら、塩をほんの少しだけ入れると味が引き締まります。決め手は塩‼ですね。また、味をつける時に一度に多めの調味料を入れていませんか?味付けは3回で行うのが基本です。1回目は様子を見ながら入れましょう。2回目は味を調節しましょう。3回目で味を整えましょう。何度も味見をしているとわからなくなりますよね…。そうすると、段々舌もわからなくなり、味が濃くなる傾向にありますので、ご注意を。
 

今日の給食&おやつ

7月12日(月)
今回のラスクは、にんにくをパンにこすり、少し塩を振り、最後にパセリを振ったら完成です。フランスパンを薄く切り、軽く片面を焼いたら、応用がききます!バターシュガーやカレー、キャラメルなど様々な味が楽しめます
7月13日(火)
焼いたり、固めたりするのに時間がかかるチーズケーキ。その手間を省きます!クリームチーズに砂糖、レモン汁を加えてよく混ぜ、ビスケットやリッツ等に挟むだけ!冷やしたり、凍らせたりしても美味しいですよ

7月14日(水)
今日は7月のお誕生会。子供にも職員にも人気の鶏肉のクラッカー焼き。鶏肉にしょうゆ、みりん、酒、水、にんにくで下味を付け、10~20分経過したら水分をきり、マヨネーズを絡めます。砕いたクラッカーをまぶし、焼いたら完成です!オーブンで焼くことをおすすめします!
7月15日(木)
これからの旬になるきゅうり。大量消費にもってこいのメニューきゅうりの佃煮!きゅうりをスライスし、塩もみしておきます。鍋に油をしき、生姜を炒め、きゅうりとしょうゆ、みりん、酢、砂糖を加え、強火で炒めながら水分をとばします。粗熱が取れたら、ゴマと塩昆布を加え、よく混ざったら完成です!大人は唐辛子を加えると美味しさ倍増ですよ!

7月16日(金)
夏野菜をたっぷり使用し、素揚げした夏野菜カレー。ズッキーニ、なす、パプリカ、ピーマン、かぼちゃの5種類。油との相性もいいので、吸収率も上がります。旬の野菜はみずみずしく、甘さもあり美味しいですね。
0
0
2
1
4
0
5
わんぱく学童クラブ
TOPへ戻る