本文へ移動

職員研修

令和4年度 社会福祉法人ちひろ会職員研修

法人理念

 3年ぶりの開催となった職員研修です。
今回も「社会福祉法人の役割や責任」について講義を受けました。
 定期的に受講することで全職員が役割や責任を共通認識し同じねらいを持って業務遂行にあたることを目的としています。

職員交流

 今年の職員研修のテーマは「職員間の交流を深めながら遊びを『知ろう』『学ぼう』『やってみよう』」です。
今年の研修担当、ぴっころこども園の保育教諭たちが遊びを教えてくれました。
 ➡まずは1対1でわらべ歌遊び。
ぴっころこども園、ぎんどろ保育園、わんぱく学童の職員が混ざって➡多人数でわらべ歌遊び
 始めのうちは緊張した顔をしていた職員が多かったのですが、遊びが進むにつれて笑い声や弾んだ会話が広がっていました。

4種類の机上ゲームから自分がやってみたいゲームを選んで遊びます
最後は曼陀羅塗り絵でリラックス 
各施設で用意したツリーに飾り付け➡各施設に持ち帰り展示

令和元年度 社会福祉法人ちひろ会職員研修

社会福祉法人の役割

社会福祉法人の成り立ちから求められる役割までを学びました。
また、当法人の理念についても再確認する講義を受講しました。

法人キャッチフレーズ作成

社会福祉法人の役割、当法人の理念を受講した上でグループごとにちひろ会のキャッチフレーズを作成し投票。
社会福祉法人ちひろ会のキャッチフレーズは
 
『Happiness ~新しい風を巻き起こせ‼~』
 
令和の始まりと共に新しい風を職場に、地域に巻き起こしながら
当法人に関わる人みんなが「Happiness」~幸福・幸せ・喜び・満足~でありますようにとの願いがこもっています。

紙芝居制作

ぴっころ保育園、わんぱく学童、ぎんどろ保育園の各職員混合グループで自分たちのオリジナルストーリー紙芝居を作成!
自分たちでストーリーを話し合い、絵を描き、全員の前で読み聞かせ。今まで話しをしたことがない職員同士も和気あいあいと研修を行うことができました。出来上がった紙芝居4冊は、各施設で読み聞かせ➡即保育実践可能な研修会となりました。
0
0
3
4
4
8
0
ぴっころこども園・花南わんぱく学童クラブ
TOPへ戻る