本文へ移動

8月の様子

8月の様子

エーーーイ!!割れました!!

 毎年恒例になった、夏の風物詩のスイカ割大会が開催されました!
今年も大きなスイカが届き、子ども達は大喜び

 初めに1歳児から挑戦すると、棒を持ってかわいく「えいっ!」とスイカを叩いてくれました。が…スイカは割れず2歳児へバトンタッチ!
バトンをうけた2歳児は目隠しをしての挑戦!!!お友だちの「こっちだよ」の声を頼りにスイカを頑張って叩いたのですが、割れず…

大きいスイカ…
美味しい(多分)スイカ…食べられないね

少しがっかりする子ども達の為に、先生たちの出番です!
「えーーーーーーーーーい!!

パッカーン

大きなスイカは予想通りとっても甘くて美味しく、みんなおかわりをして食べました



ダイナミックに遊んだ夏!!

 この伸びたり丸まったりする白い物は…小麦粉粘土です
 まずはさらっさらの小麦粉を触り、少しずつ水を加えていく事で丸まっていく小麦粉の様子をじーーーーっと不思議そうに見つめ、出来上がった粘土を手に持つと、ちぎったり、床に置いて伸ばして蛇を作ったり、むにゅむにゅ揉んだりして遊びました。感触を嫌がる子もいなくみんな夢中になって遊びました

 今月の1歳児は他にも感触遊びを取り入れ、夏ならではの遊びをダイナミックに楽しみました。その様子は、ギンスタで!!

プールさん、ありがとう!

 夏に沢山遊んだプールさんに「ありがとう」の気持ちを込めて、2歳児クラスの子ども達がプール遊び最終日にプール掃除をしました。
自分たちでしぼったタオルで一生懸命に拭いてくれたおかげで、プールはピカピカになり、また来年も気持ちよく使えそうです。

 タオルを自分で絞れるようになったり、出来ないながらもやってみよう!と頑張る姿に成長を感じた日でもありました

0
0
2
2
8
6
6
わんぱく学童クラブ
TOPへ戻る